本文へスキップ

高齢者が増える日本での活躍はかなり期待されています。

『新しい介護初任者研修制度』はホームヘルパー2級しかもっていない、 新たな制度についてあまり詳しくない人達にもわかりやすく、 カリキュラムの構成、講義の内容とその範囲 といった介護初任者研修に関するあらゆる情報を紹介します。

介護初任者研修制度

高齢化社会の日本では年々お年寄りの人口が増えており、保育園や幼稚園よりも介護 の施設に注目が集まっているようです。 しかし施設だけがあっても意味は無く、そこで働く人のことも皆で考えていかねば なりません、と専門的な知識と技術を持つ人材の育成にも国は力を入れています。 ヘルパー2級、3級という資格のことは多少知っている人もいるでしょうが、時代は 介護初任者研修に移行しつつあります。 これからの制度なので介護に興味を持っていない人にとってはあまり聞き覚えも ないし噂でも耳にしたことがないかもしれませんが、次第に爆発的に普及すると 予想される制度です。


ヘルパーとの違い

ホームヘルパー2級が2013年の4月から廃止になって介護初任者研修制度が スタートしたことは、介護に携わる人でなければあまり興味の無い話です。 要介護の方も自分が取得するわけではないのであまり気にしないかもしれません。 ですが仕事で介護している人にとっては重要極まりない話で、職場でも常にその話題 でもちきりになっている可能性はかなり高いでしょう。 自分の能力の評価が変わるかもしれず、このまま業務を続けられるのか心配に なってもおかしくないほどの出来事です。 なのでここではホームヘルパー2級と介護初任者研修の違いについて少しだけですが 解説しようと思います。


介護初任者研修とヘルパー

ヘルパー2級から介護初任者研修制度へと移行して変更された点は、先に述べた 通り実習の義務廃止、スクーリング時間増、修了試験、認知症ケアの項目の追加、 の4点なのでみなさんもう頭に入っているでしょう。 では逆に同じこと、共通している部分はなんでしょうか。 資格の意味、効力は両者ほぼ同じと考えてよいですから介護を覚えるのならますは これ、という介護の入門資格であることもそのままです。 なので詳しいことはこれから学ぶ初心者の方は、とりあえず介護初任者研修を受けて その後どう成長するかを考えれば良いでしょう。


カリキュラム内容

介護初任者研修とホームヘルパー2級のカリキュラムがどれほど違うのか、これは どちらか一方しか受けてない人に聞いても答えてもらえない質問です。 両方受けていれば分かりやすく解説してもらえるでしょうが、ホームヘルパー2級 の取得者は介護初任者研修を受ける必要性はありませんし、介護初任者研修を受けた 人がヘルパー2級を受けることは現代の科学レベルでは無理な相談です。 ヘルパー2級が廃止される前の時代に遡れるタイムマシーンさえあればなんとかなる のでしょうが、そのマシーンがまだ未完成なのです。 デパートにも売っていないしJRの駅や地下鉄の駅を探してもそんな乗り物は どこも扱っていません。 数年後には事情も変わるかもしれませんが、今は無理です。


バナースペース

PR アイシン精機が提案する質の高い眠り「ASLEEP」ブランド
http://www.aisin-asleep.com/
クッションマット、布団、ベッド周りグッズ、ホルムアルデヒド対策用吸着・除去シートや、ベッド・マットレスの販売店・通販情報もご紹介します。